■ 診療案内 ■ 鍼灸治療の考え方
■ 鍼灸治療について ■ 整体治療について      
■ マッサージ ■ よくあるご質問

整体治療について

東洋医学の考えを基につくられた整体法

当院の整体は、東洋医学の基本理念を基に作られた太陽創健法という歴史ある整体法です。

カイロのようにバキバキと骨を鳴らして暴力的に骨格を矯正するものではありません。
骨格だけでなく、筋肉、血液、神経、リンパなど総合的にカラダ全体の循環をよくして、カラダが本来持っている自己治癒能力を高めてカラダを快方へ向かわせるというものです。

 

12姿体型

太陽創健法では上下・左右・前後・回旋など重心の位置によってカラダを12種類の体型に分類します。

それを元の正しいかたち、正しい姿勢、正しい気血の流れに導くことで健康なカラダへ戻そうというものです。

 

カラダを活性化させる活きた刺激

整体治療について

例えば腰椎の1つが右へずれている場合、それを戻すためには出ている骨を左へ押し込むと考えるのが普通だと思います。
しかし、そのためにはある程度強い刺激が必要となりカラダにとっては負担が大きくなります。
場合によってはそれでカラダに不調をきたすこともあります。

当院が行っている整体法では、出ている右側へ極々ほんのわずかの刺激を加えて、カラダに「あなたの体はここがゆがんでるんだよ」と教えてあげます。

するとカラダは元々もっている「治そうとする力」を活性化させ、元の状態へ戻ろうとします。

東洋医学の基本理念は「カラダの自己治癒能力を高める」ことです。
カラダへの刺激は少なくて済みますので、お子さんからご高齢の方まで安心して施術を受けることができるものです。

 

カラダに教える正しい姿勢

まず体型を診ます。当院の整体、「太陽創健法」では、12種類の体型に分類し、その人の体型がどれにあてはまるかをまず鑑別します。

そしてその体型に適した箇所に刺激を入れていきます。
刺激を入れるといっても、軽い刺激です。
カラダを活性化させる刺激ということから「活刺激」と呼ばれています。

骨格が歪んでいることを気にする方は多いですが、骨格が歪んでいるから即、どこかに症状が現れるということは意外と少ないものです。
骨格が歪むことで血液の循環が阻害され、それが神経に作用しそして筋肉に症状が現れるという段階を経るのが一般的です。


骨格が歪んでいても、カラダはその状態でバランスを取ろうとするので、骨格が歪んでいても、血液、神経、筋肉のバランスが取れていれば症状として現れないことが多いのです。

逆に言えば骨格がちゃんとしていても血液、神経、筋肉、リンパなどに異常があれば症状は出るということです。
これを東洋医学で言うと「気血の流れが滞ると病が出る」となります。
東洋医学の基本は「気血の流れを円滑にする」ことです。


気血の流れを円滑にすることで、病がまだ芽のうちに治すというのが、東洋医学の理念です。

当院の整体はその理念に基づいて作られたもので、その方の体型・辛い症状に応じた箇所に軽度の刺激を入れ、骨格だけでなく気血の流れを整えていくというものです。
出ている症状を抑えるだけでなく、健康管理、病の予防としても大変効果のあるものです。

 

 


鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患