頚肩腕症候群の鍼灸治療

 

頚肩腕症候群とは

頸肩腕症候群とは、首から肩、肩から腕にかけて痛みや重だるさ、痺れ、倦怠感を感じるものです。

昨今では、医学の進歩により症状によって細かく診断されるようになってきたので、頸肩腕症候群という名称はあまり使われなくなっているようですが、以前はこうした症状は全て頸肩腕症候群とひとくくりにされていました。
現在でも、頸椎ヘルニア、頸椎変性症、胸郭出口症候群などのように検査をしても器質的に変性が見られない原因不明のものは頸肩腕症候群とされています。

病院にかかった時に原因がわからず、頸肩腕症候群と診断された場合恐らく治療としては湿布や痛み止め、筋弛緩剤などを出されて終わってしまうでしょう。もちろんそれは根本的な治療とは呼べません。
肩のこり、腕のだるさなど、とっても辛いものです。改善していけるようにしっかりケアをしていきましょう。

 

頚肩腕症候群の原因

頸肩腕症候群の原因は、頸椎や椎間板に異常が見られない場合には、ほとんどがデスクワーク、パソコン作業による血流障害によるものです。
これは肩こりのページでも述べていますが、筋肉は動かさずにいると血流が悪くなり老廃物が蓄積していきます。すると身体は危険信号として痛みや不快感を発するようになります。

デスクワークで長時間同じ姿勢で作業することが多い方に、非常に多く見られる疾患です。

 

頚肩腕症候群には鍼灸治療がおすすめ

頚肩腕症候群の鍼灸治療

WHO(世界保健機構)が定める鍼灸治療の適応疾患に頸肩腕症候群は記されています。
整体でカラダ全体の歪みを整え気血の巡りを改善させ、鍼灸治療で首・肩・腕周りを含め全身の血流を促していくことで凝り固まった筋肉を緩めていきます。それに伴って首や肩の痛み、腕のだるさといった症状も改善されていくはずです。

また日常での養生法や、予後・予防のためのストレッチなども併せてお伝えしていきます。

その日の疲れを翌日に持ち越してしまうと徐々に疲労が蓄積していきますから上手に治していくコツは、疲労を蓄積させない、負担を減らす、その日の疲れはその日のうちに取ることです。
治療+養生=快復ですから、日常生活でもしっかりと養生をしていただく必要があります。
ご自宅でもできる養生法もお伝えしていきますので、しっかりとご自宅でもケアをしてください。
一日でも早い回復を目指しましょう!


快適に家事をこなせるように
パソコンを使ってバリバリ仕事ができるように


一緒に頑張りましょう!

 

関連疾患

 

頚肩腕症候群の鍼灸症例集鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患

 

私たちが施術しています

頚肩腕症候群の鍼灸治療

武蔵小金井で「地域に根付いて病気を根付かせない」をモットーに、せきぐち鍼灸整体院ではお一人お一人としっかり向き合って施術をしております。

東洋医学においては「鍼灸治療+養生=快方」となり、患者様ご自身の養生も施術同様大切になります。

きちんと養生していただくために、お辛い症状のことだけでなく日常生活のことや体質のことなどまずはしっかりと問診をしていくことから始めていきます。

最もお辛い症状以外でもおカラダで気になることがあれば遠慮なく仰ってください。

気になるところがない健康なカラダを目指して一緒に頑張りましょう!

 

頚肩腕症候群の鍼灸治療のご予約

予約受付 火~金…9:00~19:00
     土・日…9:00~15:00

*当院は予約制となっております。
*施術中の場合、電話に出られないことがありますが、留守番電話にお名前とお電話番号をいれていただければ、後程こちらからご連絡いたします。

頚肩腕症候群の鍼灸治療を希望」とお伝えください。

 

ご予約の変更・キャンセルについて

当院はおひとりのために施術時間を確保するスタイルで施術をしておりますので、急なキャンセルや予約変更は他の患者様にご迷惑になる場合がございます。
ご予約の変更・キャンセルは前日までに必ずご連絡いただきますようお願い致します。

*連絡のないキャンセルやこちらが悪質と判断した予約変更やキャンセルの場合、その後の診療をお断りさせていただく場合やキャンセル料をいただく場合がございますので予めご了承ください。