■ 診療案内 ■ 鍼灸治療の考え方
■ 鍼灸治療について ■ 整体治療について      
■ マッサージ ■ よくあるご質問

鍼灸治療によくあるご質問

鍼は痛くないの?

鍼灸のよくあるご質問

鍼は痛みがでないように鍼先が工夫して作られており、太さも髪の毛ほどしかありません。
鍼が初めてでも、施術中ウトウトと眠くなってしまう方がほとんどな程気持ちの良いものです。
当院では6種類の太さの鍼を症状や体質によって使い分けています。

写真は当院で使用している最も細い鍼です。見えるか見えないかくらいの太さだということがおわかりいただけるかと思います。

 

どのくらいで治るの?

鍼灸のよくあるご質問

病状や体質によって個人差があります。早く治すには、こちらで申し上げる通院間隔・養生法を守っていただくことが大切です。

治療を開始した頃は、変化が出てもすぐに戻ってしまうことが多いですから、なるべく間隔を空けずにいらしていただいた方が効果があがりやすいです。

おカラダの変化に合わせて通院間隔を空けていき、最終的には治療を必要としないカラダを目指します。

 

感染症の心配はないの?

鍼灸のよくあるご質問

当院の鍼はすべて使い捨てを使用しています。
使用直前に開封して、使用後はそのまま廃棄していますので感染症の心配はありません。

 

鍼はどうして効くの?

鍼はカラダにとって異物です。異物が入ってくることでカラダはそれを追い出そうと免疫・修復作用をもつ細胞を集めます。そうしてカラダから病を追い出すのです。

つまり鍼は「あなたのカラダはここが悪いんだよ」と教えてあげるだけで、治すのはご自身の治癒力なのです。
副作用もなくもっとも自然に近い形の治療法と言えると思います。

 

保険はきかないの?

鍼灸治療で保険を適用させるには、医師の同意書が必要になります。
しかし、医師の同意書があると我々の治療は決められたことしかできなくなり、思うような施術ができなくなります。

例えば肩が痛いといった時に保険を適用させると肩しか鍼を打ってはいけないという縛りが出てきてしまいます。
本来カラダ全体を診る東洋医学では肩が痛いと言われてもカラダ全体の様子を見て必要なところに鍼を打っていきます。
そうした鍼灸本来の施術ができなくなるため自由診療でやっている鍼灸院が多いです。

 

鍼の後に眠くなってしまった

初めの1~3回は、治療直後にだるさや眠気を感じることがあります。
できるだけそういう反応が起きないように治療しておりますが、もし起きてもよく効いている証拠と考えてください。
また、治療を受けた日は溜まっていた疲れが出ることがありますから、早めにお休みになってください。
兎にも角にも睡眠をしっかり取るのはカラダにとって良いことです。

 

治療後はお風呂に入っても大丈夫?

治療後1時間ほど時間をあけていただければ大丈夫です。

治療後はカラダ全体の巡りがよくなっていますから、すぐお風呂やサウナに入ると一気にのぼせてしまう場合があります。
また、急性症状(ぎっくり腰や炎症が起きている)の場合はその日の入浴は控えていただいた方がよいでしょう。

 

治療後にお酒を飲んでも大丈夫?

治療後1時間ほど時間をあけていただければ大丈夫です。
ただし、治療後はカラダ全体の巡りがよくなっていますから、お酒の回りがいつもより早く感じられるかもしれませんので、ゆっくりと楽しんでください。
施術前の飲酒は絶対にダメです。もし施術前に飲酒が分かった場合には、施術をお断りしています。

 

鍼はどのくらい刺すの?

鍼灸のよくあるご質問

筋肉や脂肪の厚さにもよりますが、通常は数ミリ~1cm程度です。
そのくらいの深さでも十分治療効果は得られます。

臀部など脂肪が暑い箇所などはもう少し深く刺します。
肺に近い箇所など危険な個所に深く刺すことは絶対にしません。

 

お灸はガマンした方が効くの?

鍼灸のよくあるご質問

熱いお灸を我慢する必要はありません。
安全な方法でお灸を行っていますが、我慢し過ぎれば火傷になる可能性もありますから、我慢せずにおっしゃってください。
熱いお灸ほどよく効くというわけではありません。

心地よい熱さでリラックスして治療を受けていただくことが大切です。

 

鍼灸師って国家資格なの?

鍼灸のよくあるご質問

はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師は国に認められた国家資格です。

3年間専門学校に通い、国家試験に合格することで資格を得られます。案外知られていないのは、「リラクゼーションマッサージ」、「○○式マッサージ」などは無資格だということです。

 

他所で鍼を受けたら痛かった

鍼灸院によって治療方法や考え方は様々です。
恐らく「強い刺激でないと効き目がでない」と考える治療院だったのでしょう。

当院では、強い刺激は必要ないと考えます。
リラックスすることによってカラダも休まり自然治癒力も高まると考えますので、当院では痛みのない施術を行っております。
ですからお子様からご高齢の方まで安心して受けられます。

 

院長はなぜ手ぬぐいを巻いてるの?

鍼灸のよくあるご質問

以前自分で髪を切った時に短く切り過ぎてしまいそれを隠すために頭に手ぬぐいを巻いたところ、衛生面でも非常に良いと気に入りまして、それ以降ずっと頭に手ぬぐいを巻いており、いつの間にかトレードマークになっております。

現在4種類の手ぬぐいを日替わりで交換しながら巻いています。

 

 

 

鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患