生理痛の鍼灸治療

 

生理不順・月経不順とは

生理痛とは生理の前後に下腹部が重い、痛い、腰が痛むといった症状です。
症状や程度は個人差がありますが、人によっては頭痛を伴ったり、また寝込んでしまう程痛みが激しく出る人もいます。

ここ何か月かで急に生理痛が重くなったという場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠れていることもあります。
生理は毎月のもの、薬をうまく使うことは悪いことではありませんが

「薬を減らしていきたい」
「毎月の生理が憂鬱」

という方のためのお力になれるよう鍼灸(はりきゅう)治療を行っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

 

生理痛の原因

生理痛の原因として、プロスタグランジンの産生量の問題と子宮の出口の大きさ などが挙げられます。
そのほか、冷えやストレスも原因として考えられます。

プロスタグランジンは生理中に、経血がスムーズに排出されるよう子宮を収縮させる生理活性物質です。
この物質には痛みを強めるという作用もあり、このプロスタグランジンの産生量が多くなると生理痛の痛みも強くなります。

また、経血の出口である子宮の出口が狭いと経血がスムーズに排出されず痛みを感じます。
出産後に生理が軽くなるという方が多いのは、出産により子宮の出口が広がったためです。

他に考えられるのが冷えとストレスです。

お腹に手を当ててみてください。シーンと冷えていませんか。
カラダが冷えるということは、血のめぐりが よくないサインです。
当然お腹の中のめぐりが悪く、経血が滞りやすい状態と考えられます。

生理中にレバーのような塊が出てきた経験はありませんか。経血は本来液体となって排出されるべきもの。 それが固まっているということは、お腹の中が冷えているということです。
(*子宮内膜症、子宮筋腫などで内膜が厚い場合にも塊がでることがあります)

次いでストレスですが、ストレスは女性ホルモンに大きく影響を与えると言われています。ハードに仕事をこなす反面身体はストレスによりホルモンバランスを崩す…などということも珍しくない世の中です。
ホルモンの調整をする自律神経ですが、こちらも仕事で帰りが遅くなり夜更かし気味の生活になるとアンバランスになりやすいものです。
職場での人間関係のこじれ、転勤、転居、家庭内のいざこざなどが起きた時に、生理周期が乱れるという話はよく聞く話です。

また昨今では過度なダイエットが生理痛を招いている場合もあります。
キレイになりたいという欲求が強い女性が、無理に食事制限をして栄養不足に陥ったり、ストレスも溜め込んで心身ともに負担がかかり自律神経の乱れからホルモンバランスの乱れを招くということもあります。

 

あなたの生理痛の程度は?

なかなか痛みを言葉で表現するのは難しいと思いますが、痛みの尺度であなたの生理痛がどの程度が測ってみましょう。

レベル0:痛みはまったくない
レベル1:痛いけれど、普段通り過ごせる
レベル2:かなり痛くて、生活に支障が出る。鎮痛剤を飲んで過ごしている
レベル3:とっても痛くて、いつもの生活が送れない。鎮痛剤を飲んでもつらいときがある
レベル4:痛くて起きあがることすらできない

 

生理痛には鍼灸治療がおすすめ

生理痛の鍼灸治療

生理痛は鍼灸治療の適応範囲です。

鍼灸治療で子宮内の血流を上げ、またカラダを温めることで生理痛を和らげていきます。
鍼(はり)、灸、整体などに加えて、ご自宅や日常生活で気を付けていただきたい養生法や、ご自宅でもできるお灸のやりかたなどもお伝えしていきます。

東洋医学では生理痛は血と気を重要視し、それに深く関わる肝・腎・胃・脾のバランスの崩れと考えます。
肝・腎・脾・胃と共にカラダ全体の調整を行い、治療を行っていきます。

もちろん、そのためには患者さんご自身の養生も欠かせません。どんな小さな症状もカラダからのメッセージです。
不調を感じた時にはまず、今までの 生活を振り返ってみてください。
睡眠不足、食生活の偏り、ストレス、運動不足、冷え・・・などなど。
すべてを変えることは難しいでしょう。ですが、ほんの少しでも今までより自分の身体を気遣ってあげるだけでカラダが大きく変わるものです。
小さなことからでかまいません。何を変えていけるのか、何を変えていけばよいのかも一緒に考えていきます。

どんなささいなことでもお気軽にご相談ください。


生理前になっても不安を感じないように
女性のカラダとして健やかに生活できるように

一緒に頑張りましょう!

 

関連疾患

 

鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患

 

私たちが施術しています

生理痛の鍼灸治療

武蔵小金井で「地域に根付いて病気を根付かせない」をモットーに、せきぐち鍼灸整体院ではお一人お一人としっかり向き合って施術をしております。

東洋医学においては「鍼灸治療+養生=快方」となり、患者様ご自身の養生も施術同様大切になります。

きちんと養生していただくために、お辛い症状のことだけでなく日常生活のことや体質のことなどまずはしっかりと問診をしていくことから始めていきます。

最もお辛い症状以外でもおカラダで気になることがあれば遠慮なく仰ってください。

気になるところがない健康なカラダを目指して一緒に頑張りましょう!

 

生理痛の鍼灸治療のご予約

予約受付 火~金…9:00~19:00
     土・日…9:00~15:00

*当院は予約制となっております。
*施術中の場合、電話に出られないことがありますが、留守番電話にお名前とお電話番号をいれていただければ、後程こちらからご連絡いたします。

生理痛の鍼灸治療を希望」とお伝えください。

 

ご予約の変更・キャンセルについて

当院はおひとりのために施術時間を確保するスタイルで施術をしておりますので、急なキャンセルや予約変更は他の患者様にご迷惑になる場合がございます。
ご予約の変更・キャンセルは前日までに必ずご連絡いただきますようお願い致します。

*連絡のないキャンセルやこちらが悪質と判断した予約変更やキャンセルの場合、その後の診療をお断りさせていただく場合やキャンセル料をいただく場合がございますので予めご了承ください。