足底腱膜炎の鍼灸治療

 

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎とはどんな疾患でしょうか。
足の裏には、足底腱膜というかかとの骨から指先に向かって広がる腱があります。

この足底腱膜が炎症・断裂を起こした状態です。

スポーツや、立ち仕事、歩き仕事、体重の増加などで足底腱膜部分に繰り返し負荷がかかると足底腱膜に炎症が起きてしまいます。
年齢によって足底腱膜が老化した場合にも起こりやすく、40代~50代の方に多く見られる疾患です。
昨今のジョギングブームと共に若い方にも多く見られるようになってきました。

また、踵は日常的に歩くだけでも負担がかかる部位のため、安静にすることが難しくその分治癒までに非常に時間がかかりやすい疾患です。

 

足底腱膜炎の症状

足底腱膜炎の症状は、かかと付近または土踏まずのあたりの痛みです。

特に朝起きた時の一歩目が一番痛むという特徴があり、 しばらく歩いていると痛みが和らいでくることが多いです。
これは寝ている間は踵に体重の負荷がかからないため傷んでいる部位が休まっている状態になるのですが、朝の一歩目に体重負荷が急に踵にかかるため強く痛みを感じるというわけです。

足底筋膜を緊張させた時にも痛みが出ることが多く、また、かかと付近を圧迫すると強い圧痛が出ることがあります。
足の裏が痛くて日常生活に支障が出るという方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

足底腱膜炎の原因

同じ個所に繰り返し負荷がかかると炎症が起きるため、足底腱膜炎はマラソンランナーなどスポーツ選手に多く見られる疾患です。
また昨今のジョギングブームもあり、ジョギングを始めたばかりの方などこの疾患に悩む方も増えてきています。

また、合わない靴を履いたり、立ち仕事が多かったり、腰や膝が悪い場合にもバランスが崩れかかとに体重がかかり足底腱膜炎の原因となる場合もあります。

正しく歩けているかも関係してきます。
小さい頃から靴で育っている現代人は、足の指を使って立つ・歩くことをしなくなってきています。
足の指に力を入れて、大地を踏みしめて立つ・歩くことができないと足底腱膜に負担がかかり、負担が大きくなります。

そんな現代人におすすめしたいのが鼻緒のついている履物です。
鼻緒のついている履物を履き、足の親指と人差し指で鼻緒をつまむことで自然と足底腱膜が収縮し踵への負担が減り、足底腱膜炎の予防につながります。

 

手根管症候群の検査法

手根管症候群かどうかを調べる検査法をご紹介します。

両手の背中を合わせるように合掌をして、1分ほどそのままキープします。
これで指先にしびれが出てきたら手根管症候群である可能性が高いです。
ですが、正しい診断は病院など医療機関で受けるようにしてください。

 

足底腱膜炎には鍼灸治療がおすすめ

足底腱膜炎の鍼灸治療

足底腱膜炎は鍼灸や整体治療の適応範囲です。

腱膜が炎症を起こしている状態ですから、消炎作用のある鍼やお灸が非常に効果的です。
またマッサージで周囲の筋・腱をほぐし、整体でカラダ全体のバランスを整えて快復を早めます。

カラダの重心の歪みなどは足底腱膜炎の原因ともなりますし、足底腱膜炎によってカラダのバランスが崩れるということもあります。
かかとが痛いと庇ってしまい、腰や膝に負担がかかる場合もあります。
当院の鍼灸・整体治療では患部だけではなく、おカラダ全体の調整を含めて施術をしていきます。

非常に長引きやすい疾患でもありますので、早めの加療をおすすめしております。
どうぞお気軽にご相談ください。


気持ちよくジョギングできるように・・
快適に散歩ができるように・・

一緒に頑張りましょう!

 

関連疾患

 

足底腱膜炎の鍼灸症例集鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患

 

私たちが施術しています

足底腱膜炎の鍼灸治療

武蔵小金井で「地域に根付いて病気を根付かせない」をモットーに、せきぐち鍼灸整体院ではお一人お一人としっかり向き合って施術をしております。

東洋医学においては「鍼灸治療+養生=快方」となり、患者様ご自身の養生も施術同様大切になります。

きちんと養生していただくために、お辛い症状のことだけでなく日常生活のことや体質のことなどまずはしっかりと問診をしていくことから始めていきます。

最もお辛い症状以外でもおカラダで気になることがあれば遠慮なく仰ってください。

気になるところがない健康なカラダを目指して一緒に頑張りましょう!

 

足底腱膜炎の鍼灸治療のご予約

予約受付 火~金…9:00~19:00
     土・日…9:00~15:00

*当院は予約制となっております。
*施術中の場合、電話に出られないことがありますが、留守番電話にお名前とお電話番号をいれていただければ、後程こちらからご連絡いたします。

足底腱膜炎の鍼灸治療を希望」とお伝えください。

 

ご予約の変更・キャンセルについて

当院はおひとりのために施術時間を確保するスタイルで施術をしておりますので、急なキャンセルや予約変更は他の患者様にご迷惑になる場合がございます。
ご予約の変更・キャンセルは前日までに必ずご連絡いただきますようお願い致します。

*連絡のないキャンセルやこちらが悪質と判断した予約変更やキャンセルの場合、その後の診療をお断りさせていただく場合やキャンセル料をいただく場合がございますので予めご了承ください。