夜泣きの鍼灸治療

 

夜泣きとは

夜泣きとは、赤ちゃんや幼児が夜間睡眠中に目を覚まして激しく泣き出してしまうことです。

特にはっきりした原因がない場合を指すことが多いですが(空腹、おむつが濡れている、寒い、暑いなど)しゃべることができないために、泣いて何かを訴えかけている場合も多いです。
その子が何故泣いているのか。泣き方の違い(声の高低差、声の大きさ・激しさなど)などで、まず何故泣いているのかを観察してみてください。

夜泣きの定義はあいまいであり、ご両親が「夜泣きだ」と思えばそれが夜泣きとなります。
赤ちゃんは昼夜の判別なく泣くものであり、昼泣きという言葉がないように、夜泣きというものも実際はないのかもしれません。

 

夜泣きの原因

夜泣きの原因として、日中の刺激、興奮、夢を見る、生えてきた歯がむず痒いなど、私たち大人にはわからないストレスがあるのではないかと思われます。

また、睡眠のリズムがまだうまく掴めず、体内時計が安定しないことも 影響があるのではないかと言われています。

 

夜泣きとの向き合い方

夜泣きはいつかは治るものであり、人間相手のことですから確実に泣かせない方法はありません。
大人も泣くのを我慢できないことがあるのと同じですね。

泣かせない、泣き止ませる方法として、赤ちゃんの気持ちを切り替えてあげるのはどうでしょうか。
抱っこ、あるいはおっぱいをあげて 安心させてあげる、思い切って一度起こして気持ちをリセットさせる、生活リズムを整えるなど。

決してご両親に非があるわけではありません。
ご両親が自分を責める必要はまったくありませんし、そこにストレスを抱えてしまうと子供は敏感にそれを察知するものです。
例えばお隣さんに一言お伝えして気持ちを楽にすることや、お母さんの睡眠が減る辛い時期ですからお父さんが家事などを手伝って負担を減らすなど、ご両親の負担を軽減することもとても大切なことです。

 

夜泣きには鍼灸治療がおすすめ

小児の夜泣きは鍼灸・整体治療の適応範囲です。

整体治療でカラダのバランスを整え、また夜泣きに効果があるツボ各所へ小児鍼治療を行います。
小児へ行う小児鍼はカラダへは刺さないタイプの鍼で痛みもないので小さなお子さんでも安心して受けられるものです。。

夜泣きの鍼灸・整体治療

先端は丸くなっておりそこを押し当てたり(痛みはありません)、また柄の部分で表面を擦過して使用します。

また東京スキンタッチ会の会員である奥薗先生が、自宅でのケアの仕方や夜泣きをする子供とのふれあい方・接し方など アドバイスも行っております。


ご両親もストレスを溜めこまないように
夜ゆっくりと眠れるように

一緒に頑張りましょう!

 

関連疾患

 

鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患

 

私たちが施術しています

夜泣きの鍼灸治療

武蔵小金井で「地域に根付いて病気を根付かせない」をモットーに、せきぐち鍼灸整体院ではお一人お一人としっかり向き合って施術をしております。

東洋医学においては「鍼灸治療+養生=快方」となり、患者様ご自身の養生も施術同様大切になります。

きちんと養生していただくために、お辛い症状のことだけでなく日常生活のことや体質のことなどまずはしっかりと問診をしていくことから始めていきます。

最もお辛い症状以外でもおカラダで気になることがあれば遠慮なく仰ってください。

気になるところがない健康なカラダを目指して一緒に頑張りましょう!

 

夜泣きの鍼灸治療のご予約

予約受付 火~金…9:00~19:00
     土・日…9:00~15:00

*当院は予約制となっております。
*施術中の場合、電話に出られないことがありますが、留守番電話にお名前とお電話番号をいれていただければ、後程こちらからご連絡いたします。

夜泣きの鍼灸治療を希望」とお伝えください。

 

ご予約の変更・キャンセルについて

当院はおひとりのために施術時間を確保するスタイルで施術をしておりますので、急なキャンセルや予約変更は他の患者様にご迷惑になる場合がございます。
ご予約の変更・キャンセルは前日までに必ずご連絡いただきますようお願い致します。

*連絡のないキャンセルやこちらが悪質と判断した予約変更やキャンセルの場合、その後の診療をお断りさせていただく場合やキャンセル料をいただく場合がございますので予めご了承ください。