腰痛の鍼灸治療

武蔵小金井徒歩6分。せきぐち鍼灸整体院です。
腰痛に対して鍼灸治療では筋緊張を緩め、血行を改善し、痛みを和らげて症状の改善と予防・予後のための施術を行っていきます。

腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

腰痛とは|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

腰が痛いというのは大変辛いものですし、腰が痛むと日常生活を満足に過ごすこともままなりません。

腰痛の鍼灸治療

「腰」は字の通り「カラダの要」と書く場所です。
腰が痛むと満足にカラダを動かすことができず、腰を庇ってしまうために背中や膝といった他の箇所にまで支障が出ることもあります。

腰痛と一言で言ってもその種類は様々ですが、腰痛のほとんどは鍼灸の適応範囲です。
お気軽にご相談ください。

ぎっくり腰(急性筋筋膜性腰痛)のように筋肉自体を傷めてしまっているものなのか、脚やおしりに痛みや痺れを伴う神経系のものなのか。
症状の程度や強さ、痛みの出方などは様々です。
いずれにしても腰痛を悪化させて一番怖いのは歩けなくなってしまうことです。

「いずれ治るだろう」と放っておくと以前はそれで治っていたのが徐々に治りが悪くなってきたり、次第に腰椎の変形が進行してしまったり、最終的には手術しか選択肢がないということにもなりかねません。
腰に不調を感じた場合には早めに対処をしておくに越したことはありません。

 

腰痛の種類

腰痛の原因となる疾患は非常に多いです。代表的なものとしては以下のようなものがあります。

自己診断はせずきちんと医療機関に受診されることをお勧めいたします。

 

腰痛の原因

腰痛の種類によって原因もさまざまですが、多くは慢性的な腰への負担や疲労が積み重なって起こることが多いものです。

運動の過不足、冷え、姿勢、身体の使い方のクセなどにより腰へ疲労や負担が積み重なっていくことで腰回りの血流も悪化し、筋肉が硬く強張り、痛めやすい状態となります。
そうしたタイミングでふいな動作(物を拾う、くしゃみをする、寝返りをうつなど)が加わった時に激しく痛めてしまうという場合があります。

「どうも最近腰が重いな…」と感じたらその段階で早めに鍼灸治療を受けておかれると痛みが出るところまでいかずに済むことがほとんどです。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)の間違った対処法

急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまった時、あなたはどうしますか?
間違えた対処をすると痛みはさらに悪化してしまいます。

正しい処置をして、 きちんと治しましょう!

-急性期にやってはいけないこと-

  • お風呂でしっかり温める
  • クイックマッサージを受ける
  • ストレッチをする
  • 牽引を受ける

以上の4つは炎症を悪化させ状態を悪くする可能性があります。
急性症状の場合には、特に気をつけてください。

炎症が起きている場合の原則は冷却と安静です。
最初に正しい処置をしないと痛みが長引いしまうどころか悪化させてしまう恐れもあります。

【お風呂で温める】
腰に限ったことではないですが、痛み始めた急性期の場合多くの場合その部位に炎症が起きています。
触ってみて熱感があったり、腫れがあればまず間違いないでしょう。
その場合温めてしまうと炎症はさらに悪化してしまいます。まずはしっかりと患部を冷やしてください。

シップを貼る場合にも温シップよりも冷シップがよいでしょう。
冷却を目的とした場合冷湿布は温くなったらすぐに取り替えてください。あれば氷嚢で冷やすのがベストでしょう。


【クイックマッサージを受ける】
街中にあるリラクゼーションやクイックマッサージはマッサージ師の資格を持たずにやっているところですので、「肩こりをほぐす」などリラクゼーションで受けるにはいいと思いますが、急性腰痛など痛みを治したいという場合には正しい医療機関に罹ることをオススメします。

急性期に医療知識がないところでマッサージを受けて、患部を強くマッサージされてしまうと炎症が余計激しくなり痛みが悪化してしまいますので痛みがある時はクイックマッサージは避けた方がよいでしょう。


【ストレッチをする】
急性腰痛で炎症が起きている場合には「安静第一」です。
クイックマッサージと同じ理由ですが、炎症が起きている筋肉を無理に動かしてしまうと炎症は余計悪化してしまいます。
ぎっくり腰になってしまったら最低でも2~3日、痛みが治まってくるまでは安静にしてください。

コルセットなどで腰を固定するのも有効です。ただし、コルセットはつけっぱなしにはしないでどうしても動かなければならない時だけにしてください。
つけっぱなしにすると、 カラダを支持する筋力が衰え再発の原因にもなります。


【牽引を受ける】
整形外科ではよく行われる治療法ですが、牽引で腰をひっぱるということは、筋肉だけでなく神経や血管も同時に引っ張ることになります。
症状によっては効果があっても、ぎっくり腰の場合には逆効果となる場合が多いです。

上にも書いたように急性期に大切なのは「安静第一」です。

 

腰痛の診察

どんな症状でも闇雲に治療をしたのでは効果が出にくいものです。

  • どの動きで痛むのか
  • いつから、どこが、どのように痛むのか
  • 痺れはあるか
  • じっとしていても痛むか

などを、施術前にしっかりと診察をして、どこに問題があって腰痛が起きているのかを見極めてから施術を行います。

 

腰痛の養生

ぎっくり腰椎間板ヘルニア腰椎分離症脊柱管狭窄症など日々の慢性的な腰への負担の蓄積から始まることが多いものです。

気が付かないうちに日常生活で腰に負担をかけていないか、一度ご自身の生活習慣をチェックしてみるのも腰痛をなくす方法の1つです。
以下に、つい腰に負担をかけてしまいがちな日常の動きをいくつかご紹介します。

 

【洗顔】

腰痛の鍼灸・整体治療

前に腰を屈めた状態というのは腰へ負担がかかります。
洗顔や洗髪を行う際は自然と前かがみになってしまいますので注意が必要です。

特に朝、身体が硬い状態で行うと腰を痛めやすいのでしっかり養生をしましょう。

【対処法」
足元に電話帳くらいの厚さの台を置き、そこに片足だけ乗せることで、同じ姿勢でも腰への負担が減らせます。

 

【赤ちゃんの抱き上げ】

腰痛の鍼灸・整体治療

ベッドに寝ている赤ちゃんを抱き上げる際に、身体を屈めて手を伸ばして抱き上げるとご自身の上半身の重さ+赤ちゃんの重さがすべて腰の一点にかかることになり、腰を痛める原因となります。

腰はジワジワと負荷が増える分には案外耐えられるものですが、急にパッと負荷がかかると筋肉を傷めやすいので注意が必要となります。

【対処法】
できるだけ赤ちゃんに身体を寄せ、抱き寄せてから軽く膝を曲げて上体を起こすようにしましょう。

 

【掃除機がけ】

腰痛の鍼灸・整体治療

掃除機をかける際に、掃除機本体を床に置きノズルを短い状態で掃除機をかけると自然と腰を屈めた状態になり腰へ負担がかかります。
その状態で5分~10分と掃除機をかけつづけると腰痛の原因となります。

【対処法】
掃除機本体を片手で持ち上げ、ノズルを長く伸ばした状態で掃除機をかけることで前かがみにならずに済むので腰への負担が減らせます。

 

【子供の抱き上げ】

腰痛の鍼灸・整体治療

赤ちゃんを抱き上げるのとほぼ同じになりますが、小さなお子さんを抱っこする際に立った状態で前傾姿勢で抱き上げると、ご自身の上半身の重さ+子供の体重がすべて腰にかかり腰痛の原因となります。

抱っこをせがむ小さなお子さんをついパッと抱っこしてしまったり、自転車などに移乗させる際についパッと持ち上げてしまったりすると腰を痛めることにつながりかねません。

【対処法】
立ったまま抱っこせずに、一度しゃがんで、抱っこをしてから立ち上がるようにすると腰への負担が減らせます。

 

【朝、急に起き上がる】

腰痛の鍼灸・整体治療

寝ている間はあまり身体を動かさない為、朝というのは身体が硬い状態です。
その時に急に身体をパッと動かすと筋肉を傷める原因となります。

準備運動をせずに急に運動をするような状態ですね。

【対処法】
布団の中で軽く腰をストレッチしてから、一度横向きになってから起き上がるようにすると腰への負担が減らせます。

 

 

腰痛には鍼灸治療がおすすめ|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

腰痛の鍼灸治療

腰が痛いから腰に鍼をすればよいかというと人間のカラダはそう単純なものではありません。

腰が痛むと別の箇所へも負担がかかりますし、逆に別の箇所に問題があって腰に痛みが出ている場合もあります。

カラダは部分的に別々に機能しているわけではなく、関節や靭帯、骨や筋肉、重心やバランスなど相互的に作用しあいながら全体でひとつのカラダとして成り立っているのです。
辛い腰への施術だけでなく、カラダ全体のバランスも含めて施術を行っていきます。

ダイエットで部分痩せが難しいのと同じで、治療も部分的に治すのは難しいものでカラダ全体のトータルバランスで診ていかなければなりません。
そこが患部だけを診る西洋医学との大きな違いになります。

整形外科に腰痛でかかると、大抵が鎮痛剤とシップを処方されておしまいということが多いです。
「西洋医学は病を診て、東洋医学は人を診る」ということです。

もちろん、検査や診断など西洋医学にしかできないことも多くありますから、西洋医学、東洋医学、お互いのいいとこ取りで治療を受けることが、治療を受ける方にとっては 一番良い方法だと思います。


快適な日常が送れるように、
健やかに朝起き上がれるように
階段を駆け上がれるように

一緒に頑張りましょう!

 

関連疾患

 

鍼灸治療を初めて受けられる方へ鍼灸施術内容のご案内鍼灸によくあるご質問鍼灸の適応疾患

 

私たちが施術しています

腰痛の鍼灸治療

武蔵小金井で「地域に根付いて病気を根付かせない」をモットーに、せきぐち鍼灸整体院ではお一人お一人としっかり向き合って施術をしております。

東洋医学においては「鍼灸治療+養生=快方」となり、患者様ご自身の養生も施術同様大切になります。

きちんと養生していただくために、お辛い症状のことだけでなく日常生活のことや体質のことなどまずはしっかりと問診をしていくことから始めていきます。

最もお辛い症状以外でもおカラダで気になることがあれば遠慮なく仰ってください。

気になるところがない健康なカラダを目指して一緒に頑張りましょう!

 

腰痛の鍼灸治療のご予約

予約受付 火~金…9:00~19:00
     土・日…9:00~15:00

*当院は予約制となっております。
*施術中の場合、電話に出られないことがありますが、留守番電話にお名前とお電話番号をいれていただければ、後程こちらからご連絡いたします。

腰痛の鍼灸治療を希望」とお伝えください。

【住所】東京都小金井市本町1-3-1
【アクセス】武蔵小金井駅南口より徒歩約6分

 

ご予約の変更・キャンセルについて

当院はおひとりのために施術時間を確保するスタイルで施術をしておりますので、急なキャンセルや予約変更は他の患者様にご迷惑になる場合がございます。
ご予約の変更・キャンセルは前日までに必ずご連絡いただきますようお願い致します。

*連絡のないキャンセルやこちらが悪質と判断した予約変更やキャンセルの場合、その後の診療をお断りさせていただく場合やキャンセル料をいただく場合がございますので予めご了承ください。