ぎっくり腰の鍼灸症例 20代女性

ぎっくり腰の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

ぎっくり腰の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

来院者 期間
20代女性 2016年4月~2016年4月
頻度 通院回数
週2回程度 2回

主訴

急激な腰の痛み

 

所見・経過

一週間前に腰が少し痛んだので整形外科へ。その時微熱があったため「風邪の発熱による痛み」と診断された。
4日後歩いている途中にピキッと動作が困難なほど痛みが出て、再度整形外科へかかったら「ぎっくり腰」と診断された。
医師からは「ストレッチをするように」「温めるように」と言われたが、動かすのは恐くてしなかったとのこと。 痛めてから5日後に当院へ来院。

腰の左側に痛みが出ていたが、徐々に全体的に痛みが広がったとのこと。前屈、左側屈にて痛み(+)圧痛はなし。夜中痛んで目が覚めるということもなし。
ぎっくり腰は初めて。それ以前まで腰が重いといった自覚症状はあまりなかった。

 

鍼灸施術

<初回>
横向きの姿勢で施術開始。背部~腰~臀部~足と鍼を行い、腰部は灸頭鍼。
鍼治療は初めてということもあり、軽めの刺激で治療を行い湿布を貼って終了。
医師からの説明では「温めて、動かした方がいい」ということだったが、炎症が起きている場合基本的には「冷やして、動かさない」方がよい。炎症が起きているのに、無理にストレッチをすれば却って筋肉を傷めることになるので「しばらく安静に」とお伝えして終了

<2回目(3日後)>
治療翌日、仕事で歩かざるを得なかったが大事をとって早退したとのこと。
痛みは10→2くらいまで改善し、痛む場所が右側に移動していた。
この「痛みが移動して感じられる」というのは、人間のカラダは一番辛いところのみを感じるため、元々右側にも痛みはあったのだが、左側の痛みが強かったため、右側の痛みを感じていなかった。そして左側の痛みが和らいできたため今度は右側の痛みを感じ、あたかも痛みが移動したかのように感じられるものである。
こういったケースは非常に多く見られることである。 ほぼ痛みはとれていたので、「あとは自然に治まっていくでしょう」と治療は今回で終了。

 

まとめ

若い方のぎっくり腰は比較的治りが早いことが多い。ただ、若さゆえに無理をしてしまい、再度ぎっくり腰をやってしまうという人も少なくない。
ぎっくり腰は繰り返していくうちに徐々に治りが悪くなっていくことが多いので、ぎっくり腰をしないように、痛みがないうちからストレッチなどで予防をしておくのが望ましい。
(同じ疾患であっても、程度、経過によって治り方には個人差があります。)

 

ぎっくり腰の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

ぎっくり腰(急性腰痛)は鍼灸治療の適応範囲です。

ぎっくり腰の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】
武蔵小金井徒歩6分。せきぐち鍼灸整体院です。 鍼灸治療はぎっくり腰・急性腰痛などの痛みや炎症を和らげる働きがあります。 ぎっくり腰でお悩
せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|初めての方へ せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|診療案内 せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|よくあるご質問

鍼灸院開院時間のご案内

中央線「武蔵小金井」駅徒歩6分
東京都小金井市本町1-3-1

042-316-4728

開院時間
月・祝日 休診日
火~金 10時~20時
土、日 10時~16時

店舗までのアクセス

Twitterで