腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸症例 80代男性

ぎっくり腰の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

腰椎ヘルニアの鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

来院者 期間
80代男性 2022年6月~2022年8月
頻度 通院回数
週1回程度 7回

主訴

右側臀部から右足首までの強い痺れと痛みで歩行もままならない

 

所見・経過

今年の2月から痛みが出始めたが原因は分からない。
病院でMRI検査を受けたところ「腰椎の4番と5番間のヘルニア」であると診断される。だが、まだ手術をするほどのものではないということで痛み止めなど薬を処方をされて様子を見ることに。
それでも一向に痛みが引かないため、当院へ来院。

歩行は杖をついてようやく歩ける程度。(車椅子で来院されることもあった)

痛みは波があり、痛みが強い時には歩けない。

運動は以前は太極拳とゴルフをやっていた。
元々運動は大好きで、しょっちゅう出歩いていたとのこと。

 

鍼灸施術

<初回>
体の動きをチェックしながら、整体はできる範囲のことだけを行い(強刺激にならないようにするため)、初回なので鍼の刺激も極軽めで行っていく。
ヘルニアがどういう状態なのか、早くても3か月くらいは落ち着くまでにかかるだろうということをしっかりお伝えして、今はなるべく安静に過ごすようお伝えして終了。

<2回目(8日後)>
病院で電気治療を受けた後に痛みが強くなってしまったとご相談を受けた。
過敏になっているかもしれないのでとにかく今は安静にとお伝えし、今日も鍼刺激などは極軽めで行った。

が、翌日施術の後に痛みが増してしまったとご連絡をいただいた。
そもそも痛みに波がある状態だし、まだ施術も始まったばかりなのでもう少しゆっくり経過観察をしてみてもらいたいとお話をして、施術を継続することに。

<4回目(20日後)>
夜、寝ている間の痛みはなくなり、よく眠れるようになったとのこと。
家の中でも歩き回れるようになったが、右足を地面に着くと痛みが走る。

<5回目(27日後)>
そーっと足をつけば痛み無く歩けるとのこと。
電車に乗って移動もできたと嬉しそうだった。

ただ歩けるからといって無理をしないようにとお伝えしていく。

<6回目(34日後)>
杖なしで歩いて来院。
痛みの出る場所も、臀部はほぼ無く、右足首周りだけと限定的になってきた。

施術に加えて、腰の軽い体操も行い、ご自宅でも体操をするようお伝えしていく。

<7回目(41日後)>
足の痛みも完全になくなって本人も驚いていた。
杖がなくても歩けるようになり、少しずつ歩く距離を伸ばしているそう。

 

まとめ

ヘルニアに限らず高齢者の施術には非常に注意を必要とする。
というのは、元々運動習慣がない方の場合(今回のケースでは運動習慣あり)、整体などで少し体を動かしただけでも筋肉痛が出る場合があり、それをご本人が「治療をしたから痛みが出た」と勘違いしてしまうケースが少なからずあるためである。

事前に問診でお話をしっかり伺い、どのくらい普段体を動かしているのかを知ることは治療の刺激量を決める上で重要となると思う。

今回の方の場合、太極拳なりゴルフなりで運動をする習慣がおありだったので、筋肉量も十分にあり、回復も早かったと思われる。
やはりいかに普段から自分の身体のケアをしておくかというのは、ケガをしない病気にならないためにも重要だが、いざ何かがあった時の回復力にも関係してくるのでとても大切なことだと思う。
(同じ疾患であっても、程度、経過によって治り方には個人差があります。)

 

腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

腰椎椎間板ヘルニアは鍼灸治療の適応範囲です。

椎間板ヘルニアの鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】
武蔵小金井徒歩6分。せきぐち鍼灸整体院です。 鍼灸治療は椎間板ヘルニアなどの痛みや炎症を和らげる働きがあります。 椎間板ヘルニアでお悩み
せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|初めての方へ せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|診療案内 せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|よくあるご質問

鍼灸院開院時間のご案内

中央線「武蔵小金井」駅徒歩6分
東京都小金井市本町1-3-1

042-316-4728

開院時間
月・祝日 休診日
火~金 10時~20時
土、日 10時~16時

店舗までのアクセス

Twitterで