逆子の鍼灸症例 27週目

逆子の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

逆子の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

来院者 期間
20代女性 2018年11月~2018年11月
頻度 通院回数
週2回程度 3回

主訴

逆子(妊娠27週目)

所見・経過

妊娠27週目。34週目にはいっても逆子なら帝王切開と病院で言われている。
頭が左にあり、赤ちゃんが真横になっている状態。胎動は右下を蹴られる感覚がある。
赤ちゃんはよく動いている。
二人目の出産であり、一人目の時には逆子ではなかった。

 

逆子の鍼灸施術

<初回>
触診で頭の位置をある程度把握した後整体治療を行い、後に鍼とお灸を足首近くにある三陰交というツボへ行った。更に、至陰という足の小指の爪の際にあるツボへ施灸を行った。

この至陰というツボは、昔から逆子の治療の特効穴であり、子宮とつながっているとされるツボである。
このツボへ7壮お灸を行った。
次回の検診までの間、できる限り詰めて施術を行っていく。
自宅でもできるお灸法を指導して施術にいらっしゃれない日にはご自宅でお灸をするようお伝えして終了。

<2回目>
昨日と同じく右下を蹴られる感覚があり。冷え性だとおっしゃっていたが昨日も今日も足は普通以上にポカポカと温かかった。

<3回目>
右下やたまに左下を蹴られ非常によく動いているそう。
この日はお灸をしている途中からよく動き出した。赤ちゃんが真横になっているせいか、お腹がややひらたく大きくなっていたのがこの日は前に大きくせりだしている感じだったので、期待をしつつ次回の検診を待つことに。

 

まとめ

「逆子が治ってました」と嬉しいご報告をいただきました。
27週目でまだ赤ちゃんが大きくなく、動き回れるスペースもあり非常によく動く赤ちゃんだったので無事に治ったのかなと安堵しました。
あとは無事に健康な赤ちゃんが産まれてくれることを祈るばかりです。

 

逆子の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

逆子は鍼灸治療の適応範囲です。

逆子の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】
武蔵小金井徒歩6分。せきぐち鍼灸整体院です。 逆子の治療において鍼灸は古くから用いられてきた治療法のひとつです。 産婦人科でも逆子の治療
せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|初めての方へ せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|診療案内 せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|よくあるご質問

鍼灸院開院時間のご案内

中央線「武蔵小金井」駅徒歩6分
東京都小金井市本町1-3-1

042-316-4728

開院時間
月・祝日 休診日
火~金 10時~20時
土、日 10時~16時

店舗までのアクセス