足底腱膜炎の鍼灸症例 60代男性

足底腱膜炎の鍼灸症例|せきぐち整体院【武蔵小金井】

足底腱膜炎の鍼灸症例|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

来院者 期間
60代男性 2015年10月~2016年1月
頻度 通院回数
週1回程度 13回

主訴

左足の踵付近の痛み

 

所見・経過

1カ月前から左足の踵付近に痛みが出始めて、整形外科にてシップと痛み止めを処方された。仕事でも外出が多く歩くことが多い。
朝も痛みがあるが、痛くて立ち止まってしまうということはない。
痛みは徐々にひいてきてはいるが、なかなかひかない状態。週に2回ジムでウエイトトレーニング。よく歩くため靴に足底腱膜炎用のインソールを着用している。

踵の中央~外側にかけて圧痛箇所があり、全体的に腫れぼったい。

 

鍼灸施術

<初回>
整体で全身のバランスなどの調整を行い、ふくらはぎ、脛あたりの筋肉が緊張している箇所と内くるぶし、踵周辺に鍼。
更に、圧痛2箇所に直接お灸を10~15壮行い、足底腱の修復を早め炎症を取り除いていく。最後に炎症が悪化しないよう念のためシップを貼って終了。

<2回目(4日後)>
この日仕事で1万歩以上歩いたため、痛みが少し強く腫れも強かった。施術は同じで歩き方など養生法をお伝えして、まだ腫れているので揉んだりしないよう注意をして終了。

<3回目(11日後)>
2日間ほど調子がいい日があったとのこと。腫れもだいぶ引いた。お灸の箇所を2カ所→1カ所に変更。

<6回目(31日後)>
痛みの出る範囲が1カ所に集中した感じ。痛みの出る範囲が狭まるのはいい傾向であるが、ここで気を抜くとぶりかえす可能性は十分あるので油断ができない時期である。

<13回目(89日後)>
ゴルフも何度か行って1万歩以上歩くことも多かったが、問題なく歩けたとのことで、今回で施術は終了とした。

 

まとめ

患者さん自身も仰っていたが、意外と治るのに時間のかかる疾患である。少し痛くてもすぐ治るだろうと思っていたら案外に長引き、そこから治療を始めても治るのになかなか時間がかかる・・というケースが少なくない。痛みが出た原因が日常生活のどこにあったのかを患者さん自身が振り返ることも重要なことであり、そこを取り除ければ回復は更に早まると思う。
(同じ疾患であっても、程度、経過によって治り方には個人差があります。)

 

足底腱膜炎の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】

足底腱膜炎は鍼灸治療の適応範囲です。

足底腱膜炎の鍼灸治療|せきぐち鍼灸整体院【武蔵小金井】
武蔵小金井徒歩6分。せきぐち鍼灸整体院です。 鍼灸治療は足底腱膜炎の痛みや炎症を和らげる働きがあります。 足底腱膜炎でお悩みの方はお気軽
せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|初めての方へ せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|診療案内 せきぐち鍼灸整体院|武蔵小金井|よくあるご質問

鍼灸院開院時間のご案内

中央線「武蔵小金井」駅徒歩6分
東京都小金井市本町1-3-1

042-316-4728

開院時間
月・祝日 休診日
火~金 10時~20時
土、日 10時~16時

店舗までのアクセス

Twitterで